おすすめ不動産投資本 〜各人に合った戦略をつけるための本〜

いつもお世話になっております。
1棟投資の不動産営業に携わって早いもので7年ほどが経ちました。

私個人も、実家でも不動産経営事業をしていることから、多くの投資家様から相談をされます

「これはいい物件ですかね?どう思います?」
「いくらだったら買いでしょうか?」

そういう質問を受ける度に、この本を勧めております。

その物件がいい物件かどうかは、その方が今後どうしたいかという戦略によって大きく変わります。

キャッシュフローをとにかく増やしたいという人にとって、新築ワンルーム物件は買ったら即終了のダメ物件ですが、

今の仕事に満足をしていて、放置プレイでとりあえずちょこっと節税できればいいやって人にはうってつけの物件です。

私に上記のような質問する方は、

まず「収益不動産を買ったうえでどうなりたいのか」

ここの具体像が弱すぎて、業者がいい物件と勧めれば買ってしまいかねない、「ひょっとしたら業者のカモになりかえない危ない投資家」という事を認識しましょう。

孫子大家さんは個人的にもお付き合いさせていただいてますが、CF目線にも関わらずスルガでCFが出ない案件を1棟目で買ってしまってから再起を果たした戦略性に特化した本です。

現在、今後の戦略に迷っている方、これから1棟目を買う方などは是非ご一読をお勧めいたします!

この記事を書いた人